月別: 2017年2月

専門学校で取得できる資格

介護関連の専門学校で取得できる資格について一部ご紹介致します。介護といえば、おさえておきたい重要な4つの資格があります。第一に、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」、これは介護職として働く上で基本となる知識・技術を修得していることを示す資格です。

次に、「介護職員実務者研修」について。この資格を有する人は、介護従業者としての実務経験に関係なく、サービス提供責任者になることができます。サービス提供責任者は訪問介護事業所で必ず配置しなければならない重要な職業です。また、2017年1月から「介護福祉士試験」取得において、この資格の修了が義務付けられます。

3つめは、「ケアマネジャー(介護支援専門員)」です。障害をもつ方々が自立した生活を送るための介護支援サービスを行えること、またそのプランを作成出来る人であることを証明する資格です。

最後に、国家資格である「介護福祉士」についてですが、介護が必要なお年寄りや障害のある人に対して、スムーズな日常生活が可能なように介助や適切なアドバイスを行うことが可能な人であることを示す資格です。この資格を取得していると、資格手当がつくと前述しましたが、資格取得が当たり前となっていることから、手当がつかない場合もあるのが現状です。「社会福祉士」や「精神保健福祉士」等、相談業務に必要な資格を有していると年収に違いが出るので余裕があれば押えておきたい資格ですね。